売れている飲食店なら必ずやっている集客力を付ける方法!

日本には飲食店は50万店舗以上あると言われています。今回は、そんな激戦の飲食業界で売れている飲食店ならやっている集客力を付ける方法についてまとめていきたいと思います。

 

認知を広げる飲食店のSNSの活用方法

 

現在、使っていない人を探すのが困難なほどのユーザー数があるSNS。
生活の中心にSNSがある人も少なくはないでしょう。

話題になっているお店を調べたりニュースをみたりなど、情報を集める手段としてSNSは必需品になっています。普段使っているぶん、飲食店レビューサイトよりアクセスしやすく飲食店をSNSで探しているユーザーはたくさんいます。

ならば使わない手はないでしょう。
実際、SNSを使って集客アップをしている飲食店は増えています。
通常の使い方通りただ情報を集めたり、自分の情報を発信する以外にもビジネスとしてお店の情報を発信することによって集客を増やすことができます。

 

Instagram

一番のオススメと言えるのはInstagram

・いいねがつきやすい

・タグがつけやすい

・フォロワーが増えやすい

Instagramは写真がメインのSNSなのでしっかりとした写真を撮らなければなりません。最近よく「インスタ映え」という単語を目にしますね。写真にはたくさんのコツがありますが、料理を綺麗に撮りエフェクトなどの効果をつけて魅力的に見せましょう。

写真がメインなので文章はあまり考えなくていいです。Instagramは写真がメインでユーザーもおしゃれな写真を見にきます。文面を考えるのに頭を悩ませることはあまりないでしょう。

お店の内容などあまり関係なく、ユーザーは写真がいいなと思ったらフォローしてもらえます。ユーザーがフォローをすることに感じている壁は低いと言えます。フォロワーは獲得しやすいでしょう。

また、Instagramは拡散力はすくないのでTwitterとFacebookへの連動も考えましょう。

 

LINE@

LINE@の特徴としてはユーザーと1対1のメッセージのやりとりができるところです。

飲食店の場合、予約やメニュー確認、クーポンの配布などができます。

ただし、他のSNSのフォロー違いは友達追加をすることです。
フォローするよりも友達追加をするほうが少し抵抗がある気がします。
また、規模によっては月額5.400円の有料版にアップグレードする必要もありそうです。

 

Twitter

Twitterといえば気軽に発信するすることが特徴のサービスです。また、ユーザーとの距離が近いのもよいところですね。お客さんのリプライにもしっかり反応していきましょう!炎上にはお気をつけください。

SNSを活用してクーポンの配布などをしたらお客さんがお店に足を運ぶきっかけになります。そういったきっかけをたくさん作ってどんどん発信していきましょう。

 

通りがかりの人をお店のファンに変えるには

 

入ってみようと思うお店には入ってみようと思う理由があります。
自分が好きな雰囲気、落ち着いた雰囲気で入りやすい店構えなどいろいろありますが、そういったお客さんがお店に入る理由を作ることが大事です。

店構えがずっと同じだったり、少しさびれているいたらどうでしょうか。
たとえ料理の味がすごく美味しくてもそれを知ってもらうきっかけを装飾で壊してしまっていることになります。

 

時期的なイベントに合わせて内装を変えるのもお店を魅力的に見せる一つの方法です。例えば今の時期だとハロウィンですね。

日本はイベントに関しては様々な宗教が存在しているためか、クリスマスにお正月などいろいろな宗教のイベントが毎年恒例で開かれています。
そういったイベントなどトレンドを取り入れた内装、店構えにするのはとても繁盛しているようにもみえますし、入ってみようというきっかけになります。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は飲食店の集客についてまとめてきたわけですが、結果としてお客さんがお店に入るきっかけを作ることがいちばん重要だということがわかりましたね。

SNSで魅力的な写真をアップロードしたり、クーポンを配布したりSNSの使い方は無限大です。いろいろなアイデアをだして活用していきましょう!
お店の外装、内装を工夫してもっと魅力的なお店にしていきましょう!
それをSNSでおしゃれに発信すればたくさんのお客さんが来てくれるはずです。